女性の薄毛の悩み・経験談

産後はホルモンのバランスなどで抜け毛がひどくなる

【36歳女性の場合】
子供が2人いますが、1人目を出産したときには気にならなかったのですが2人目出産した直後から抜け毛に悩まされるようになりました。

今まではそんなに抜け毛が気になると言うことはなかったのに、フローリングにたくさん髪の毛が落ちているなぁと思うようになりました。

そして、お風呂で洗髪しているとき、トリートメントを手ぐしでなじませるときに、指にすごくたくさんの抜け毛がついてくるようになりました。

何度繰り返してもその都度何本か抜けてくるので、ものすごく不安に感じていました。

お風呂の排水のところにも今までは全然気にならなかったのに、私が1度洗髪しただけでたくさんの髪がたまる毎日でした。

朝、出かける前にブラシで髪をといだときもたくさん抜け毛が出るので、せっかく朝の掃除機が毛が終わっていてもたくさんの毛が落ちてしまいます。

いつも古新聞を足元に引いてそのうえで髪をとかしていました。

不安になって主人に話しても、あまりとりあってもらえず、「これ見てよ」と言って、ドライヤーをしたあとのたくさん床に落ちた抜け毛を見てもらいました。

さらに「でもまだまだ抜けるんだよ」と手ぐしをしてそこにからまった抜け毛を見てもらったとき「え~!抜け毛ひどいよ!」とさすがに心配していました。

インターネットで抜け毛について調べてみると産後はホルモンのバランスなどで抜け毛がひどくなる人が他にもたくさんいるようで、産後間もなかった私は少しホッとしました。

しかし、このままのペースで抜け毛が続くと髪がすごく薄くなってしまうんじゃ・・と気が気ではありませんでした。

抜け毛にはどのような生活かよいのか調べてみると、抜け毛対策によい食材やレシピも見つけることが出来たので出来る範囲で実践してみたりしました。

産後間もない時期でしたので、なかなか規則正しくぐっすり安眠できることが少ない日々が続いていたし子供の夜泣きなどもありストレスもたまっていてそのようなこともホルモンバランスに微妙にかかわってくると思うので、髪にもよくないんだろうなぁと考えていました。

市販のものや行きつけの美容室で美容師さんに相談して、スカルプケアの商品を購入したり、リラックス効果が高く頭皮にも抜け毛にもよいヘッドスパを受けたりもしていました。

20分コースなどのお手軽コースはそれまでも何度か利用した事がありましたが、奮発して40分コースを受けたりしていました。

しだいに抜け毛は落ち着いていきましたが完全に抜け毛を気にしていなかったころのような状態に戻るのには2年ほどかかったと記憶しています。

年齢が上がってきたことと運動不足とのダブルパンチ状態

【38歳女性の場合】
結婚してからずっと専業主婦ですが、少しでも社会貢献できればと言う気持ちと社会とかかわりたいという気持ちで3つのボランティア団体に所属しています。

幼稚園へ入る前の小さな子供に関するボランティアが2つと、小学校へ出向いて行うボランティアです。

小さな子供たち相手のボランティアのほうは、体力を使うことが多いのですがボランティアに参加するようになって7年ほどになりますが、年々無理がきかなくなってきたことを実感しています。

イベントで一緒に親子で運動をしてもらったりすることがあります。

以前は、お母さんが妊娠中でお腹が大きかったりして上のお子さんの相手ができないとき、私が代理でお子さんとペアになってお子さんを持ち上げたりするような運動も出来ていました。

しかし、もう最近だと重く感じて息も切れてしまうし、早く終わらないかなぁと思うようになってしまいました。

このような時、体力が落ちたなぁということを実感します。

他にも、娘たちの通う学校で懇談会や授業参観があるときなど、階段で3階や4階まで上るのですが、2階に行くまでにすでにすごく辛いです。

他のお母さんはそこまで辛そうにしていないので、私の場合学生時代も運動らしい運動はしたことがないし、普段から運動不足をかなり実感しているので年齢が上がってきたことと、運動不足とのダブルパンチ状態なのだと思います。

結婚した当初住んでいた家は5階建てなのに階段しかありませんでした。

住んで数年目に改装でエレベーターが取り付けられたのですが、それまでは小さな子供を抱いて1日に何度も4階まで上がり下りしていました。

しかし、そのころのことを今思うととても無理!考えられないと感じます。

以前と比べて階段はほんとに最近辛くなってきています。

体全体が辛く感じるのもありますが、太ももがすごく痛いのです。

筋肉量が少ないんだろうなぁと毎回そのたびに運動不足を解消して、筋力もつけなくちゃと思うのですが、思うだけでなかなか・・。

睡眠の質もここ数年は変わってきて、以前は目覚めはごく普通だったのですが、ここ数年は起きても疲れが残っていて、てきぱきと家事をこなすことが出来ない日が多くなってきました。

栄養ドリンクなど飲んで気合いを入れて動き始めるという感じの日もよくあります。

食生活や運動など生活態度を改めていけば年齢に対抗していけるかなぁなどと考えている今日このごろです。

排水口に向かって大量の髪の毛が流れていく

【30歳女性の体験談】
1人目を出産した時は20代前半ということもあり、母子ともに健康で回復も順調でした。

母親からも若いと回復も早いねーと驚かれたくらいです。

2人目を出産した時、あと数ヶ月で30歳になる!という年齢でした。

経産婦だし楽だろうと思っていたのですが、出産こそ産道ができているからスムーズでしたが、なんせ身体の戻りが遅いのです。

傷の治りや体重など、食欲だけはあるのに身体がイマイチ付いてこない感じでした。

出産して子供が2ヶ月を過ぎた頃、ずっと髪を束ねていたのですが、ゴムを解いた時に信じられない量の髪の毛が抜けたのです。

この時はキツく束ね過ぎたのだろうか?長時間くくっていたからかな?位に思っていました。

しかし、この日を境に髪をブラシでとかす度にゴッソリ抜けるようになったのです。

ロングヘアではありましたが、ブラシでとかした後のブラシには、髪が溶けたのではないか?と錯覚するほどの髪が絡み付いていました。

主人に毎日の様に「頭、薄くなってない?」と聞いていたほどです。

この頃はお風呂に入るのが怖い時期でもありました。

シャンプーをして洗い流す時、排水口に向かって大量の髪の毛が流れていくのです。

産後の抜け毛は母親が体験していたので聞いてはいましたが、まさかこんなに毎日ゴッソリ抜けるなんて思ってもいませんでした。

日に日に薄くなる地肌を見られてしまうのが恐怖で、外出する時はニット帽をかぶっていました。

このまま放っておいても、どんどん外出するのが嫌になるだけだと思い、母親に相談しながら自分なりに色々調べてみると、やはり産後の身体は不安定で、特に女性ホルモンのバランスが乱れていることが分かりました。

女性ホルモンといえば、直ぐに頭をよぎったのがイソフラボンです。

幸いにも大豆製品は全て好物だったので、豆乳を毎日欠かさず飲む様にし、味噌汁や納豆などを積極的に摂り入れる様に意識しました。

イソフラボンの効果が現れだしたのは、子供がもうすぐ一歳になる頃です。

色々と忙しかったので、イソフラボンは意識していたものの、頭皮の状態を確認するのは少し後回しになっていました。

その頃、主人が「髪が増えた?」と聞いてきた時に改めて抜け毛が減っていた事に気付きました。

そう言えば、シャンプーの時にゴッソリ流れていく髪の毛の束を見なくなったな…という感じです。

イソフラボンのおかげで、女性ホルモンが安定してくれた様で抜け毛は落ち着きました。

子育てで毎日忙しいですが、自分の身体も労わる必要があるな、と痛感しました。

産後の薄毛の状態から一向に髪が生えてくる気配がない

【42歳女性の体験談】
当時33歳だったのですが、到底その年齢には見えないほどの薄毛でした。

もともと髪質は細くて柔らかく、すぐにぺちやんこになるのが悩みでした。それに追い打ちをかけるように産後どんどん髪が抜けていったのです。

産後の抜け毛は、ホルモンバランスが落ち着けば元どおりになると言われていますが、私の場合は違いました。

抜け毛は止まったものの、薄毛の状態から一向に髪が生えてくる気配がないのです。

焦った私はシャンプーやコンディショナーを無添加のものにしてみたり、病院を受診したりしましたが、どれも効果は得られませんでした。

私の頭を上から覗けば地肌が見えているほどで、恥ずかしくてどんどん内向的になっていきました。外出も億劫になり、子供と引きこもる生活になりました。

そんなある日、何気なく見ていたテレビで育毛のことについて専門家の方が話されていました。今までは興味を持ったことなんてなかったのに、今回ばかりは食い入るように見てしまいました。

育毛には大豆製品が良いということで、私は早速試してみることにしました。また、頭皮をマッサージすることも効果的だということでした。

私は早速だ大豆のお料理をたくさん作り、朝もしっかり摂取するようにしました。そして、恥ずかしかったけれど頭皮マッサージをしてもらえるサロンにも行くことにしました。

それから半年後、何気なく頭頂部を見てみたら以前より髪が増えていたのです。あの時は嬉しくて嬉しくて飛び上がって喜びました。

これからもしっかり育毛をしていきたいと思います。

私の抜け毛の体験談

【31歳女性の体験談】
私は5年前と3年前に二度の出産を経験しているのですが、私は出産してからしばらく抜け毛がひどくてとても困っていました。

私は元々とても髪の毛が多く、ずっとロングヘアなのですが、出産前にそんなに髪が抜けているような感覚はありませんでした。

出産する前に育児が大変になるので切ろうかと思った事もありましたが、ある程度長さがある方が簡単にまとめる事ができますし、パーマをあてておけば1つに結ぶだけで可愛く見えると思いパーマをかけて出産を迎えました。

そしていざ出産が終わり、しばらくたった頃から急に髪の毛が面白いように抜けるようになりました。

最初に髪が異常に抜けている事に気づいたのはお風呂でした。

お風呂ではシャンプー、リンスをしてからトリートメントをするのですが、リンスやトリートメントをして髪の毛を手でとかすと手にすごい量の髪の毛が絡みついてきてしまいました。

そしてl、リンスやトリートメントを流すと排水溝には私の髪の毛がものすごくたくさん流れていました。

その時から自分の抜け毛を気にするようになりました。

それもお風呂だけではなく、朝起きて髪の毛をくしでとかすとまたすごくたくさんの髪の毛が抜けてしまっていました。

髪の毛を結っていると日中はあまり抜けないのですが、おろして生活すると髪の毛が家のあらゆる所に落ちとてもストレスでした。

私は普段から2か月に1回は必ず美容院に行っていたのですが、出産してしばらくはどこにも預ける事もできずしばらく行っていませんでした。

ある時美容院のお姉さんに相談してみるとそれは出産前後でホルモンバランスが変わるので抜けやすくなるという事を教えてもらい、その上私は出産してから髪質が一気に変わり水分がなくなったようなパサパサな髪質になってしまったので、その事も加わり髪の毛が抜けたり切れやすくなっているという事でした。

少しでも産後の抜け毛を減らそうと頻繁に美容院に通ったり、トリートメントを質の良いものを使うようにしたりしてみました。

ですが、それでも大きな変化はなく抜け毛がひどいまま二人目の出産になってしまい、そしていまだに抜け毛が多く毎日ストレスにさらされています。

ハゲ・薄毛を治すには


皮膚科の専門外来を受診しました

【44歳女性の体験談】

私が育毛を始めたきっかけは家族から「なんか髪の毛薄くなった?」と言われたことでした。

もともと白髪が目立つ髪だったこともあり、「いや、白髪のせいで地肌が見えるように錯覚してるだけだから」と思っておりました。

しかし心のどこかで「いや、まさか・・・」と少し気になり出すように。

しばらくはそれで過ごしていたのですが、ある日ジムで走った後にジムのシャワールームで髪を洗っていたとき、「あれ?なんか腕に髪がくっつく」という感覚がありました。

抜けた毛が腕に絡みついていたのです。髪が長かったのできっと抜けた毛がたまたま絡みついただけなんだと思ってそのままシャンプーを続けました。

しかしシャンプーが終わってトリートメントをして、髪についた水気を取るために髪を絞っていると、またスルスルと髪が指に絡まってくるのでした。

「なんだかよく髪の毛が絡みつくなぁ」と思ってそのままシャワールームから出て、着替え、髪の毛をジムの備え付けのドライヤーで乾かしました。

ジムのドライヤーは使った後に床を掃除するのがマナーだったので、備品のクリーニング用品で床の髪の毛を取ろうとしました。

このとき「あれ?なんか多い?」と感じました。床には黒い毛がたくさん落ちていたのです。

ですが「前の人が取り忘れたのかもしれない」「自分は髪が長いから多く見えるだけ」と思ってそのままにしました。

しかし家族からの「薄くない?」の声と、その日の一件でどうしても気になりだして、「女性、抜け毛」で検索するとたくさんの商品やクリニックの情報が出てきて大変驚きました。「女性って、女性でも、抜け毛ってあるんだ」と。

女性でも脱毛症があると知り、もしかしたら自分もそうなのでは?と思い始めました。そして調べていくと、「びまん性脱毛症」が女性の一般的な脱毛症であり、それは髪の毛全体の量がまんべんなく減っていくというものでした。 ですが、これは私には当てはまりませんでした。

パート先では「髪の毛ふさふさでいいなー」などと言われているくらい全体の髪の量は多かったのです。それでも気になったのは「頭頂部」でした。

脱毛症について調べ始めた日から、抜け毛の数は数えれば数える程多さが気になっていました。人間一日80本くらいは抜けるなどと言われていますが、どう見てもそんな数じゃないくらいスルスル抜けていきます。

一体どこの毛が抜けているんだろう?と思うと、やはり薄く感じるのが「頭頂部」だったんです。

本当に薄いのか知るのが怖くて染めていなかったのですが、思い切って髪を真っ黒く美容院で染めました。そうして鏡で頭頂部を見ると、やっぱり薄かったんです。

それからネットで調べた情報で、「皮膚科に行くと良い」と知りましたので、皮膚科の専門外来を受診しました。

そこで「男性型脱毛症です」とはっきり診断されたのが最後のきっかけで、勧められた育毛剤を始めました。

これが私の育毛を始めた経緯です。外来を受診してからは抜け毛もどんどん気にならなくなり、早めに気がつくことができてよかったと思っております。

分け目が目立ち始めると一気に老けて見えるのだと実感

【42歳女性の体験談】
女性が育毛を検討するケースは、やはり年齢によるものが大きいと感じます。

私が育毛を始めようと思ったきっかけの出来事は、鏡を見て分け目の地肌が異常に目立っているのを発見した時です。

昨日までは気が付かなかったのですが、明らかに目立っており、気にして鏡を覗き込みと間違いなく老けて見えました。

この時の発見は、人生で初めて感じた老化に対する恐怖だったと思います。決して大袈裟ではなく、このままでは困ったことになると怖くなったのを思い出します。

顔のアンチエイジングは多くの女性の悩みとして大らかに受け止めていましたが、髪に関してはメジャーな悩みではない気がしたため怖くなったのです。

高齢になるとウィッグなどを付けられるケースが多いようですが、私の年齢ではまだ早すぎると感じました。

まだまだ自分では若いと思っていましたが、それは大きな勘違いだと実感しました。どんなに洋服を着飾っても、髪の薄さが目立つようでは何の意味もないとハッキリ感じ髪の対策にも取り組み気になったのです。

髪が抜けるようなことはなかったため、多分髪が痩せてしまったのだと感じました。

そこで打った対策は、まず髪型を変えることでした。髪を分けるのを止めるためにショートカットにして軽くパーマをかけてボリュームを出しました。

そして根本的な解決を図るため育毛効果があるシャンプーの使用と育毛剤の使用です。

女性の薄毛に関するケアを調べていると、若い方でも悩みを持っている人がいることが分かりまた様々な良いケア製品があることを知り安心しました。

特に使ってみたくなったのが、女性用の育毛剤です。髪の育毛に役立つ有効成分がたっぷり含まれており、毎日の使用でハリやコシが出そうな気がしました。

見た目が美容液のような容器であり、コスメ感覚で使えるお洒落感にワクワクして、地肌が目立っているのを発見した時の恐怖感はすっかり消えていたのです。

育毛剤の使用感は、特に違和感もなくベタベタ感もなくすっきり使うことができました。顔のケアをするよう、地肌にもみ込むお手入れは結構クセになる感じです。

数週間で髪がしっかりしてきたことを実感でき、「これで将来も安心!」と安堵しました。

地肌の目立ちに気付くまで誰からも指摘されたことはなかったのですが、間違いなく気づいていた人もいたはずです。育毛剤での根本ケアを始めてよかったと、今は感じています。

背中ニキビの治し方|殺菌と保湿ケアで背中のブツブツを改善するスキンケア方法